父の頭皮についに変化が!?やって正解だったプロペシア

menu

薄毛や抜け毛を改善!!プロペシア

【プロペシアとは】
アメリカの「メルク社」が開発した薬にです。
現在では既に60を超える国で承認され、世界的に医師がはじめて処方を行うAGA(男性型脱毛症)を改善する薄毛治療薬になります。
国内では2005年から処方がはじまっていて、0.2mg/1.0mg、2つの用量で処方が行われています。

【プロペシアの有効成分は】
この薬の成分は「フィナステリド」となっています。
"5α-リダクターゼ阻害剤"に分類され、同じ成分を使用している薬には、「前立腺肥大」を治療するプロスカーという薬があります。
これは一部の地域に自生している「ノコギリヤシ」という成分を研究して誕生した化学合成品になります。
ちなみに最近まではこの成分には、筋肉増強剤を使用した事を隠蔽できる作用があったことから、ドーピング剤のリストの中に含まれていた成分でもあります。
現在は検査技術が向上したために検出が可能になったので2009年から禁止薬剤のリストかたは外れました。
【プロペシアの効果効能】
AGAを引き起こすのは「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。
これは悪玉性ホルモンであり、髪の生え変わりの時期などを乱すはたらきがあります。
AGAに悩んでいる多くの人の頭皮には、多くのDHTが検出されています。
これが毛穴の中にある"毛乳頭細胞"に結合してしまうことで、髪の成長を止めたりするようになります。
その結果、髪が成長しなくなったり、短いまま寿命を迎え抜け落ちてしまうなどの事になり、薄毛や抜け毛に悩まされるようになります。
成分:フィナステリドは、この悪玉ホルモンが生成されるために必要な「5α-リダクターゼ」を阻害することで生成を抑制します。
長期的(最低1年)に服用していくことで、髪が再び成長することが期待できるようになります。
ちなみに、服用を行った男性の75%の人に「脱毛の進行を抑える」あるいは「発毛する」などの効果が現れているので、その薄毛治療効果は高いです。

【副作用】
フィナステリドは服用することで薄毛治療の効果を発揮する薬になるので、副作用を完全に回避する事は難しいと考えられています。
・リビドー減退
・ED
などが起こると言われ、約10%の人にこういった症状が見られると言われています。
確率は低いですが、思い込んでしまうとEDは発症するので要注意。